外壁塗装や住宅に関するお役立ち情報を発信してまいります

タイル外壁の耐久性は、外壁塗装よりも下地処理が重要です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
4d961bcd130fca6d3534ccaddf1d1c44_s

外壁材として人気のタイル材は、メンテナンスの負担が少ないことが最大のメリットです。
しかし、いかに耐久性に優れたタイル材と言えど、下地の施工が不十分では、そのメリットを発揮することはできません。
タイル外壁の下地の種類と、それぞれのメンテナンスの必要性を知っておきましょう。

 

■タイル外壁は塗装不要

外壁材の中でも、タイル材は半永久的な耐久性を備えた素材として知られています。
タイル材は、天然の土や粘土を焼き固めて作られており、素材自体が耐火性、耐候性を持っていますので、サイディング材や金属材のように、表面を塗装で保護する必要がありません。
通常、表面を塗装でコーティングした外壁は約10年に1度、再塗装する必要があります。
ですが、表面を塗装しなくても良いタイル材は、その再塗装も発生しないことになります。
また、外壁の再塗装は、時に、お子さんの入学や進学、車の購入など、ライフスタイルの変化と重なってしまうことがあります。
そのため、タイル材を外壁に選んでおくと、将来の大きな出費に余裕を持って備えることができます。
しかし、タイル材を選んだからと言って、外壁のメンテナンスが全く不要ということにはなりませんので、注意しておきましょう。

 

■タイル外壁のメンテナンス

タイル外壁のメンテナンスは、タイル部分の定期的な洗浄のみで済みます。
ですが、タイル材同士の目地の点検が、約5~10年に1度発生することは押さえておきましょう。
タイル材の下地には、モルタルや専用のパネルシートなどが使われますが、これらの施工が不十分であったり、構造材との相性が悪いものを選ぶと、タイル材が剥がれてしまうことがあります。
その他、地震や強風でタイル材と下地材の接続がもろくなることも考えられます。
あるいは、接続力が落ちたタイル材が、剥がれて硬い地面に落下し、割れて交換が必要になることもあるでしょう。
タイル材のメンテナンスを、より負担なく済ませるためには、タイル材の下地の特徴について知っておかなくてはなりません。

 

■タイル外壁の下地の種類

タイル材の施工方法は、大きく2種類に分けることができ、それぞれ使用する下地も異なります。

湿式工法:
モルタルを下地材にして、タイル材を外壁に直貼りする方法です。

乾式工法:
溝の付いた専用の下地パネルを外壁に貼り、そのパネルの溝に合わせて、タイル材を固定する方法です。
メーカーごとに、専用の接着剤や金具を使うものなど、下地のタイプは様々です。

 

■湿式と乾式はどちらが良いのか?

それぞれの工法や下地の種類ごとに、メリットとデメリットがあります。

□湿式工法のメリット
・導入コストが乾式工法に比べて安い

□湿式工法のデメリット
・工期が長い
・職人の手作業になるため、完成度にバラつきが生じる
・モルタルの質が天候や気温に左右される

□乾式工法のメリット
・軽く、家に負担を掛けない
・工期が短い

□乾式工法のデメリット
・専用の下地材にコストが掛かるため、導入費用が高額になる
これらのメリット・デメリットを比較すると、モルタルのメンテナンスが発生しない乾式工法の方が、長期的なランニングコストを抑えることができます。
さらに湿式工法は、地震の揺れでモルタルがダメージを受けることがありますので、地震の多い日本では、この点でも乾式がおすすめと言えるでしょう。

 

■まとめ

基本的に、メンテナンスが永遠に不要な外壁は存在しません。
そのため、耐久性に優れたタイル外壁でも、点検や補修が約10年に1度は必ず発生することを理解しておかなくてはなりません。
外壁をタイル材にする場合は、湿式工法と乾式工法の下地の違いを知って、メンテナンスの手間と導入コストの2つを比較して選ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。